レコード

ちょっと長めの独り言

路地裏で踊る(広瀬隆雄「マーケットハック流 世界一わかりやすい米国式投資の技法」感想)

読みました。Amazonセールだったので購入。以下感想です。本の感想っていうか本を読んでの自分の反省ですね。








・耳が痛いことが多く自分の投資スタイルを反省。特に短期投資を途中で自分に都合よく長期投資に変更したり、そもそも短期か長期か決めないで入っちゃったり。
・米国株を去年から始めたんですけど、決算チェックも全然出来ていない。なんでそうなってるかって言うと保有銘柄が多すぎる。今見たら米国株で40銘柄持ってる。半分くらいに絞るべきですね反省。
・あと何より努力が足りないよね。最小の努力で最大の利益は取れない。そういうスタイルはダメです。投資の勉強に終わりはない。
・営業キャッシュフローとか見てもないもんな…
本読んで初めて米国版Yahooファイナンス見た。
・Googlefinanceは使いづらかった。というか米国版に飛べなかった。決算発表日の確認だけならマネックス証券の決算カレンダーでいいかな。
・オススメ銘柄紹介されてるけど5年以上前のだもんねえ。気になるのはAT&T、ロッキード・マーチン、ノバルティスかなあ。長期保有候補として。持ち株だとマクドナルド、CVSエクソンモービルあたりを持ってるけどエクソンモービル鳴かず飛ばず感がある。
・銘柄数は10~16。難しい!
・リターンのクオリティとは、リスクを抑えてパフォーマンスをあげること。
・NISAは5年売らないのが1番お得。わかってても難しい!
デイトレ先物トレーダー向けのページもあり。私は読み飛ばした。

とりあえず持ち株の見直しと精査かな。良いキッカケになりました。株頑張ろう。

胸に嵐を(架神恭介ほか「よいこの君主論」感想)

「よいこの君主論」、ずっと読みたいなと思っててこの前ついに楽天ブックスで購入。面白かったです。
以下感想です。







・小学5年生の子供たちが「お友達グループ」のトップの座を狙う話。そして計略を用いてお友達グループの拡大や吸収合併を図り、最終的にクラスの統一を目指す話。を、マキャベリ君主論」を用いて解説する。
・面白いんだけど、多分本家「君主論」を読んでる人の方がもっと楽しめる。
・はなこちゃん好きになる。あんなキャラなのに最後のりょうこちゃんのエピソードで泣いているのがよい。
・小学生のスクールヒエラルキーに例えるのは名案。駄菓子屋の妙計とか天才。
・あと普通に君主って大変そうだね。清濁併せ呑むというか、綺麗な気持ちだけでは統治ってできないんだなあ
世襲君主は統治が簡単。なぜなら平民は君主の血筋に支配されていることに慣れているから
・統治方法を良かれと思って変えると後で思わぬ害悪を産む。マキャベリはこれを浅慮と呼んでる。
・反対は激しく、賛同は弱いので新しい物事を始めるのは大変。そういった人達に自分の言うことを信じさせるには力づくしかない。
・いい極悪非道と悪い極悪非道がある。いい極悪非道は最初にまとめて1度きり行うもの。また、恩恵は時間をかけてゆっくりほどこすこと。平民はすぐに恩を忘れるので。
・傭兵はダメ。傭兵たちは自分が死なないように相手の傭兵と交渉して戦争するフリをしたりしてた。なので他の国とかから攻められるとボコボコにやられたり逃げ出したりする。
・援軍もダメ。裏切られた時のリスクが高い。
・政権を守るために受け入れなければならない悪評もある。
・美徳は必ずしもいい結果をもたらさない。まあやちゃんのプリン。あれは難しい判断だよね…。
・君主が美徳に従っているのは有害。君主には悪に手を染めなければならない時が来るので。ただし、美徳を身につけてるっぽく振る舞うのは大事。必要な時は躊躇いなく悪徳を行えることが大事。

これ読むと君主って大変だなあと思う。内部反乱を押さえ込みつつ、外国からの計略を防ぎつつ、策を弄して己の勢力を拡大していかないといけない。超大変。
読み物としては面白かったです。オススメ。

もっと素直になればいいのに(岸本佐和子、吉田篤弘、三浦しをん、吉田浩美「『罪と罰』を読まない」感想)

たぶんTwitterでオススメされてたのかな〜と思うんですけど「『罪と罰』を読まない」読みました。もうめちゃくちゃ面白かったです。
以下ネタバレありの感想です。








・「罪と罰」を読んだことのない4人が集まって、「罪と罰」の読書会するやつ。
・この説明でなにかビビっとくるものがある人。読んだ方がいいです。その期待、裏切りません。
・「罪と罰」を読了済みだとなお楽しめる。私は「罪と罰」を手元に置きながら随時見比べてたんですけど、それはもう楽しい。間違いない。
・ちなみに「昔読んだけどほぼ話忘れた」の人も楽しめます(私)。一緒に推理に参加できます。
・集まる4人は作家さんなんですけど、やっぱり視点が作家視点なんですよねー。「このあらすじでこのページ数、あなたならどのタイミングで殺させる?」「各章同じくらいのページ数なのは連載作品だったからかな」とか。っていうか「与えられた題材であなたならどんな構成にする?」とかの話題はファン垂涎でしょ!


・私、ドストエフスキーの文章はダラダラっと長いのが苦手なんですけど、皆さん「長すぎ!この3分の1でまとめられるでしょ!」って叫んでて嬉しかった。みんな同じこと思うんだな。
カギカッコ始まってからとじるまで数十ページとかあるの異常でしょ
・でも「状況説明をキャラクターに語らせる」のはよくある手法らしくて。人形浄瑠璃とか泉鏡花風らしくて勉強になる。
・マルチエンディング罪と罰、読みたいな…。っていうか作家さんも書いている途中で「この展開もいいね」って思うことあるんですね
・この後の展開を予想する時、ドストエフスキーの気持ちになって予想してるの面白い。なるほどね〜
・私は小説を読む時その時ハマっているジャンルのキャラクターで再生されるタイプなんですけど、罪と罰を読み直すとラスコリーニコフがうちはサスケ、ソーニャが日向ヒナタ、ドゥーニャがアルトリア、スヴィドリガイロフがランスロット(長髪)で再生されました。つまりハマっているジャンルが10年単位で更新されていない。これが老化。

・満を持して本編読了した4人がめっちゃ盛り上がってて楽しそう。この企画、名作で行うのが重要ですね。せっかく色々話し合っても本編が面白くないと盛り下がっちゃうもんね。
・ラスコリーニコフ、「人殺しなのに謎の上から目線でソーニャに説教をたれている」とボロクソに叩かれてる。
・私の好きなスヴィドリガイロフ、4人の間でも人気で嬉しい。
・ラスコリーニコフの部屋の戸締りのガバガバさに言及されている。
・「ドストエフスキーは自分の死刑が直前に回避されて、思想に基づく社会の改革ではなく人間本来のなにか、あるいはキリスト教に基づいて社会を変えなければならないと考えたんじゃないか」なるほどなあ
・ソーニャは教祖(わかる)
・スヴィドリガイロフとドゥーニャの関係に触れられていたんですけど首がもげそうなほど激しく共感してしまった。「スヴィドリガイロフはドゥーニャに殺されたかった」「スヴィドリガイロフにとってのドゥーニャはラスコリーニコフにとってのソーニャと同じ」「ソーニャに許されたラスコリーニコフと違い、スヴィドリガイロフはドゥーニャに許されなかったし、拒絶もされなかった」そう、そうなんですよ!!!!そう!!!!
・「濡れ場のない本作において、ドゥーニャとスヴィドリガイロフのシーンは異常にエロかった」そう!!!!!!そう!!!!!全然エロないんですけどとてもエロいんですよ…すごいね…
・スヴィドリガイロフが自分を殺せと迫って、でも殺せなかったドゥーニャが拳銃を捨てて、スヴィドリガイロフが彼女を抱きしめて会話を交わし、そして離すまでの数ページはね、罪と罰のもうひとつのクライマックスですよ…(通常のクライマックスは十字路で大地に接吻するシーン)
・結婚するならラズミーヒンかスヴィドリガイロフか?っていうオタクみたいな話題(歓喜)




いや本当にめちゃくちゃ面白かったしドゥーニャとスヴィドリガイロフの最高さについて再認識できました。超オススメ。
今年のベスト本は「三体」で決まりだと思ってたんですけど豊作ですね。嬉しい限りです。

敷きつめられた希望(高野秀行「アヘン王国潜入記感想」)

読みました、アヘン王国潜入記。前にソマリアの本が面白かったのでこの人の本また読みたいなって思ってたんですけど、旦那さんの本棚でたまたま発見。やっぱり面白かったです。
以下感想です。





・恒例というか、やっぱりアヘン中毒と呼べるくらいアヘンにハマってて面白かった。
・ちょうどミャンマーでクーデターが起きているタイミングで読めたのも良かった。この本を読んでなければ本当に他人事のニュースとして聞き流して、なんの記憶にも残らなかっただろうから。ちょっとでも引っかかる鍵になってくれた。
ミャンマーと中国の関係について読んでたので、クーデターもウッ…てなってしまった。香港の件しかり、中国への印象が悪化の一途を辿ってしまう。
・外から、安全な立場から勝手に軍事政権に屈しないで、若い人たち、って思ってしまうけどミャンマーの人たちが苦しくないのがいいな…。つらいな…。
・アイスンにもうアヘンはやらないって約束したのに速攻破ってアヘン吸ってたの面白かった
・村をあげて自分の送別会やってくれているのにアヘン吸いに出て半日帰ってこないのも面白かった
・シラミに悩まされててここまでやれるのすごいな!ってなった
・ワ州に入っていける著者のコミュ力凄まじすぎる。この人コミュ力オバケですよね…
・アヘン、1本の板の上をずっと歩く感じらしい。快楽が増えるというより快楽の器が小さくなる。修行僧的な感じ。なおアヘン中毒者を外から見ると全然そんな感じはなく廃人と呼ぶにふさわしい感じらしい。
・もしかして瞑想とかも同じような効用があるのでは?



面白かったです。世界の解像度が上がる。

夏服に着替えよう(「葬送のフリーレン」感想)

面白かったです。4巻まで読みました。以下ネタバレに配慮されていない感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、私の中の脳内テーマソングは元ちとせ「語り継ぐこと」です。


元ちとせ「語り継ぐこと」 / HAJIME CHITOSE「KATARITSUGU KOTO」 MUSIC VIDEO -Short version-

 

 

・寿命の差とか、残された人の生き様とかが描かれているんですけど、しみじみとした寂しさがよい。

・人間の妻が愛した村を守るドワーフのエピソードが好きだった。ドワーフは歳をとりすぎてなぜ自分がその村を守っていたのか忘れちゃうんですけど、フリーレンが寂しそうな顔をするんですよね。フリーレンは自分が寂しいとか悲しいとか思うことが少なそうなんですけど、そういう、目の前の人が大切な思い出を手放しそうになっていることに寂しさを感じられる人なんだなあと。

・フリーレン、恋愛感情とか生殖本能とかが薄いらしくて長命種っぽくて良い。

・記憶を失おうとしているドワーフに対して、「私が未来へ連れていくよ」って言うフリーレンがよい。

・ヒンメル、フリーレンのこと好きなんでしょ?もう付き合っちゃえよ…!って読者は思うんですけど、フェルンとシュタルクと違ってヒンメルもうこの世にいないんだよな。もう付き合っちゃえよどころじゃないんだよな。

・ヒンメル絶対フリーレンのことではなく好きだ思うんですけど、1話でフリーレンと再会した時もうおじいちゃんになってるわけじゃないですか。「もう会えないかと思ったよ」とか軽く言ってるけどさ。きっと50年くらいフリーレンのこと待ってて、このまま会えずに死ぬかもしれなくて、いやどんな気持ちでその50年過ごしたのかなって。どんな気持ちでの「もう会えないかと思ったよ」なのか。

・フリーレンはフェルンとの旅でヒンメル達との度の思い出の跡を見つけたりするんですけど、彼が残した銅像はフリーレンのためのものだったことに気が付くんですよね。そして気がついた時にはヒンメルはもういないんですよね。もういないんです。

・で、こういう繊細な機微みたいなものを描いているかと思えばパーティメンバーは最強の面々がそれっていて、かつ周りにはそうと分からないので、今流行りの「俺TUEEEE系」(?)の要素もあり、幅広い読者層を獲得可能。本屋大賞も納得ですね。


面白かったです。ハンターハンターのハンター試験ぽい雰囲気で終わったので次巻が楽しみですね。

走り出す(藤本タツキ「チェンソーマン」11巻感想)

読み終わりましたので感想メモ。ネタバレです。
あと突然ダンジョン飯のネタバレにも触れます。










レゼ全然活躍しなかった!!!!!
11巻に期待していたことは主にそれだったので…ちょっと悲しみ…。

・パワーちゃんハチャメチャに可愛いなと思いつつ最終的にはマキマさんエンドでしたね。いやでもパワーちゃん…好き…。
・食事として食べてマキマさんとひとつになるエンドはメリバ好きとしては大歓迎ですよね。愛じゃん。
・しかもその後ロリマキマさんが現れ、しかも「抱きしめてほしい」というご要望。それただのハッピーエンド。
・マキマさん、スーパーハイスペバリキャリ人格破綻美女なのに願いが「抱きしめてほしい」とか卑怯では? 完璧さの中に脆さを窺わせてこっちのココロをくすぐるタイプじゃん…好き…。
・夫、「ダンジョン飯と同じ展開だね(食べるところが)」って言っていたけど結果としての行為は同じでも過程が異なりすぎるのでは? そしてダンジョン飯の食べる行為にチェンソーマンのような湿っぽさは無いんだよな。ダンジョン飯はそれがよい。

面白かったです。ダンジョン飯も読みたくなってきた!

めくる手(2021ハモネプ感想)

みなさん見ましたか2月27日放送のハモネプ。私は見ました。めちゃめちゃ面白かったですよね!?!?!? そして新世代!って感じました。小さい頃からハモネプ見てたのでちょっと感慨深かったです。めちゃめちゃ面白かったのでちょっと感想残しておきます。





・まず選曲が新世代!って思いました。外国の曲が多い。洋楽は前から歌われてたと思うんですけど、発音がやっぱり日本人!って感じで聞いてて気恥ずかしくなる時もあったんですね。今回は全然そんなことがなくて、そしてそもそもリードボーカルが帰国子女だったり留学生だったり。 以前もICUのグループはそうだったんですけど、ここまで多くはなかったので時代〜って思います。

・あとどのチームもそうなんですけど、ハモネプって青春みがすごくないですか。見ててとても気持ちが動かされる。本当に出場チームはみなさんね、とてもいい時間を過ごしているんだろうなって。おばちゃん涙が出ちゃうよ…。

以下は印象に残った曲とチーム。

上智大学 シックスノックス
ブルーノマーズ「ランアウェイベイビー」
パワフルな女性ボーカルでかっこいい。チームの女性が強い感じもとても好き。個人的には決勝のレディーガガよりブルーノマーズの方が好きだった。




東京大学 リメリック
Billie Eilish「bad guy」
これ!!!!!!今回のハモネプでダントツで印象に残った曲。決勝の白日も良かったんですけどやっぱりこっち!!!!すごい。この曲が1番新世代だった。
まずあの曲調の曲をハモネプでやろうとするところがすごい。
リードボーカルのささやくような歌声がめちゃめちゃ好きで、ずっと聞いていたいんだよな…。シャンソン?ジャズ?っぽくてすごく良い。あと歌い方に何らかの才能を感じる。彼女、東大だし留学生だし歌も半端ないし一体どうなってるんですか?
「bruises~」からの3人がハモるところ最高です。

あと私はリードボーカルが次々交代するのが大好きなので白日も大変好きだった。3人とも上手だね…。コーラスの女性の声がリードボーカルと歌い方も声質も全然違うのに合わさるとめっちゃ綺麗なんですよね。すごい。ベースとパーカッションも大変上手だよね。なんか5人ともめっちゃ上手くてこの5人がひとつのチームを組んだこと自体が奇跡なのでは?みたいな気持ちになる。
今回の出場チームの中で、他の曲も聞きたいと1番強く思ったチームだった。


京都大学 キャラバンナイツ
私はここのチームも好きだったよ! 決勝戦でもう1曲聞きたかったなあ。
なんかめっちゃ京大ぽさを感じた。このあと京都に帰って宅飲みで打ち上げか徹夜でマージャンしてるんだと思う。(酷い偏見)

明治大学 あまがさ
私はハモネプ毎回見てるので、去年も見てた分手に汗握りました。しかし本当に上手だよね。圧倒的な安定感がある。
私は優勝はここじゃないと予想してたんですけど、なんでかっていうと決勝戦はあまりに上手すぎてエキシビションみがあったんですよね。決勝戦はあまがさにとっての集大成だったんだと思う。異常な完成度だった。あのままCD発売できる。
このチームがさー、就職でバラバラになるからこれが最後っていうのがさー…。なんか毎年見てたから寂しくなっちゃうよ。就職してもまたたまに集まってさあ、ハモネプしてよ。お願いだよ。

ICU エイトロー
LiSA「紅蓮華」
私はね!決勝戦はこのチームが優勝だと思ったんです!!!!
もちろんあまがさはハチャメチャに上手かったんですけど、ここのチームはなんか…グッときたんですよ…。
リードボーカルが次々移っていく構成は胸熱で大好きなんですけど、なんかそれぞれの女の子の声のニュアンスに合わせた割り振りとかさ…。泣いちゃう…。あんなのさ、あのチームのあの6人でしか歌えなかったじゃないですか。おばちゃんそういうのに弱いんですよ。
音程とかって、必ずしも100点じゃなかったと思っていて、でもなんかあの揺らぎを含めて、あの瞬間、あの一瞬にしか味わえなかった感動を届けてもらったんですよね。すごく良かったです。とても良かった。

こんな感じですね。ハモネプ最高ですわ〜。