レコード

ちょっと長めの独り言

愛の最果て(亀山郁夫「『悪霊』神になりたかった男」感想)

読みました。こちらもまた米原万里の書評シリーズ。亀山郁夫ドストエフスキー「悪霊」を題材に学生へ授業をした際の書き起こし。本当にめちゃめちゃ面白かった…。
以下感想です。


ドストエフスキー「悪霊」は大学生のころに読んで「性格の悪い女が出てくるな〜!主人公胸くそ悪いヤツだな〜!最高!」みたいな感想だったんですけど、今回この本では「悪霊」の中の「告白」について取り上げている。特にマトリョーシャとスタヴローギンの関係について力を入れて解説されている。
昔の名作系の小説って自分一人の力では読みとけない部分も多いよね。私はこの亀山郁夫の解説を読んで、今まで「悪霊」の表面しかなぞることが出来ていなかったんだなと思った。

まず、冒頭で「告白」の章の抜粋。これがとてもありがたくて、その後の亀山郁夫の解説を読んで改めて本文を読み返すことが出来る。彼の解説により、初読では見えてなかった景色が見えてくる。ひとつの物語を、亀山郁夫に教えられた角度から見てみると、全然違う姿が見えてくるんですよ。なんか、そういうのって、すごくないですか。本、読んでてよかったな〜って思う瞬間。

ドストエフスキーは読者に求めることが多すぎると思う。普通に読んでも足の悪いマリヤがホーリーフール≒神様に近い者の象徴であり、神になりたいスタヴローギンにとってはライバルであるとか、スタヴローギンがマリヤの住む家に火をつけて焼死させることは神を殺すことに等しいとか、普通にストーリー追っててもわかんないんだよ!亀山郁夫の解説で初めてわかったよ!

特に最高だったのがさ〜、マトリョーシャとスタヴローギンの関係ですよ。普通に読んだらスタヴローギンが陵辱胸クソやろうじゃないですか。でも亀山郁夫は「この憎しみこそが愛である」って言うんですよね。マトリョーシャを殺したいとまで願う憎しみ、相手を殺すことが出来なければ、自分は生きられない。
その視点で「告白」を読むと、「夜、私は部屋にいて、彼女を憎むあまりに殺してしまおうと決意するほどだった。私の憎しみは主として彼女の微笑みを思い出す時に生じた。」とか「(彼女は)にぶい好奇心を浮かべて私を見つめていた。私はソファの端に腰掛けたまま身動きをせず、彼女を見返した。そこへ不意にまた憎しみを感じた。」とかが全然違う意味となって浮かび上がってくるんですよ。
「(彼女の幻影は)おのずから現れるというより、私自身が呼び起こすのだが、とても共に過ごすことができるはずもないのに、呼び起こさずにはすまないのだ。ああ、たとえ幻覚にでも、いつか彼女を現に見ることができたら。」「新しい犯罪を犯してみたいところで、何ら私をマトリョーシャから解き放ってはくれなかったろう。」とかさ…もうさ…。

スタヴローギンはマトリョーシャとの関係において、「神」ではいられなかったんですよね。性の現場で「神」であるためには、一方的な暴力と破壊か、徹底した無関心である必要があった。けれどスタヴローギンは、マトリョーシャに対してはそのどちらでもなく、「生身」の「一対一」の関係だった。一人の人間としての関係だった。

だから、私はマトリョーシャの「神様を殺してしまった」っていうのはスタヴローギンのことを指してると思ってたんですよね。「神」であったはずのスタヴローギンと、生身の関係を結んでしまった。彼を地上の世界に引きずり下ろしてしまった。
亀山郁夫の解釈は違っているんですけど、私はこっちを推したい…。

スタヴローギンは最後、首を吊って死ぬんですけど、マトリョーシャと同じ死に方を選んだんですよね。聖母の大地に触れることなく、狭くて急な階段を上がった先にある屋根裏部屋で死んだ、その意味。
スタヴローギンとマトリョーシャが天国で幸せな再会をしているとはとてもじゃないけど思えない。でも、マトリョーシャにとってスタヴローギンが特別であったのと同じように、スタヴローギンにとってマトリョーシャは唯一の存在であったのだろうと思うんですよ。
それ、世間では「運命の人」って呼ぶんじゃないでしょうか。


亀山郁夫は高校生向けの授業でこのテーマ選んだのすごくないですか。少女陵辱、被害者の自殺、ルソー「告白」から引っ張ってきた自慰表現、マトリョーシャのM体質について。高校生、どんな顔でこの授業聞いていたんだろうな…。
最後の911の自身の体験も、ここまで赤裸々に高校生に語れるのすごいと思う。

とにかくめちゃめちゃ面白かった。「『悪霊』面白くなかったわ〜」って人に特におすすめしたい。

アイリーンはさみしがり(映画「ギフテッド」感想)

見ました映画ギフテッド。
以下ネタバレ配慮なしの感想です。





なんか期待したほど面白くなかった…。
多分相性が良くなかっただけな気もする。
メアリーを演じた子役の子はとても良かった。里親のお家に預けられて号泣してるメアリー、可哀想だしかわいいしこっちまで泣けてくるっていう。

最後のおばあちゃん悲しすぎるやろ。フランクが「でもその教育は結果として正しかったと思う」ってすごく空虚に響いた。でもああいった教育をしてきたおばあちゃんなら喜ばしい気持ちもあったんだろうな。

なんだかあんまり心に刺さらなくて書くことが無いな。やっぱり期待値コントロール大事。全然悪くないシナリオだと思うんだけど、期待しすぎた。
今度見る映画は期待せずに見よう!!

真夏の夜の夢(今村昌弘「屍人荘の殺人」感想)

ずっと読みたかったこのミス1位作品「屍人荘の殺人」。偶然図書館で借りられました。珍しく借りてから3時間くらいで一気に読了。以下感想です。






・ミステリ系は極力読むまでに事前情報見ないように気をつけてるんだけど、私これまでよくネタバレ踏まずに読み始められたなと感動しました。ミステリ界隈のネタバレ管理すごいよ。
・幸い全く事前情報なしで読み始められたので、ストーリーが怒涛の展開を見せ始めたあたりからめちゃめちゃテンション上がりました。
・大学生の夏休みでペンション滞在とか、巻初の館内部屋割りの表示とか、古き良きミステリ感漂ってる。あとラストの謎解き部分もミステリ好きに向けたブラフとかもあって、なんというかミステリ好きな人ならより楽しめるような作品になっているのでは。
・個人的に、氷菓シリーズのように主人公側3人の青春悲喜こもごもを期待していたんですけど、途中で諦めました。いやでも結果的にはあったんですけど。けど。はい。。
・謎解きも状況設定を上手く使ったもので、なるほどこのミス1位になるのもわかる!!って思いました。作中で「ミステリのトリックネタはアイディア切れ状態であり、最近の流行りはいくつかのトリックを組み合わせること」って書いてあって、なるほどなあと。

大変面白かったです。読者が一緒に考えることができる系ミステリ。ぜひ!オススメ!

ミルクレープは寂しい鏡(村上世彰「いま君に伝えたいお金の話」感想)

村上ファンドの村上さんが書いた、おそらく子度向けと思われるお金についての本。とても面白かった。
Twitterでたらればさんが感想文書くの苦手な子のためのアドバイスとして「その本の中で好きなセリフなどを書き写す」っていうのを提案されてたので、本日はその方式で。(多分、読書感想文を書けない小学生へのアドバイスだと思われるけど…私の国語力も小学生レベルなので…。)

・お金はさみしがりや
・お金の流れを止めてはいけない。稼いで貯めて、回して増やす。
・物々交換をより便利にするためにお金ができた。お金は便利な道具。
・日本人の家庭で所有するお金の合計は1800兆円。みんな半分以上銀行に貯金。海外だと投資が主流。
・お金は稼いで貯めて、回して増やす。
・食事代あてゲーム楽しそうだな。やりたい。
・なんでもいいから夢中になる。どんな仕事であれ、集中してやれば面白くなる、集中している時というのはその人の能力が最大限発揮されるとき。
・仕事を通じて自分のミッションを見つけられるか。
・なぜ学校の勉強をやらないといけないのか。何かに夢中になって学ぶ体験が大事。学校の勉強ほどあらゆる世界の入り口となっているものは無い。
・七並べの戦略性について。そんな観点で七並べしたことなかったよ…。パスは3回まで、相手をドボンさせると勝ち。大人が飲みながらやっても楽しそうだよね。こういうボードゲームみたいなの好き。
・借金はダメ。特に私は本当にダメだわ。奨学金は借りない!信用取引もしない!

まあまあ面白かった!子供にお金の勉強させたい場合これ1冊渡してあげれば足りるのでは?

ソーダ・ゼリーの暑い夏(奥田英朗「イン・ザ・プール」感想)

またしても米原万里シリーズ。奥田英朗イン・ザ・プール」。
米原万里さんは声を出して笑い転げたそう。
以下感想です。

一瞬で読める。「ジェノサイド」はドキドキ感、ハラハラ感でページめくる手が止まらない感じだったけど、こちらは圧倒的読み易さ。読み進める時の抵抗が全くない。スルスル読める感。

好きだったのは最後の短編、火事が心配で家から出れない男の本。なんだか民話とか伝承かな?って感じのオチのついたストーリー。ハッピーエンドっていいよね。
あとメールが止められない男子高校生の話、「メール一通3円」とか書いてあって、そうだよな〜そんな時代もあったよな〜とか思った。懐かしいな。そして元ネクラで誰からも重視されてない男子高校生、身に染みる。ネクラがキャラ変しようとするとこういう事態に陥る。

面白かったんだけど、声を上げて大爆笑!とまではいかなくて残念。でもこういう話好きな人は沢山いるだろうと思う。人間のマイナスの側面を、皮肉とたっぷりのユーモアを交えて書かれた短編集。

生命の庭(高野和明「ジェノサイド」感想)

読みました。「打ちのめされるようなすごい本」に乗ってた本シリーズ。本当は高野和明13階段」を読もうと思ってたんですけど、図書館に置いておらず、代打で「ジェノサイド」。
以下感想です。

圧倒的リーダビリティ。とにかくめちゃめちゃ面白くて、ページめくる手が止まらない。当初の数十ページから予想した展開とは全然違う所に転がっていく、想像を上回るワクワク感。
多分この小説を読んだ多くの人が感じると思うんですけど、作者の反米をはじめとする思想、それがとても物語に反映されている。抵抗ある人は抵抗あるかも。
もし作者が、思想の普及の意図もあってこの小説を書いたのなら、その目論見は成功しているんじゃないかな。だってとても面白いから。一部の読者には確実に影響を与えると思う。このストーリーの面白さ故に、数えきれない人がこの本を読んだし、そしてこれからも読まれ続けると思う。後世への影響、実は凄いんじゃない?

それにしてもとっても面白かったです。読後感もよい。「面白い小説」を求めている人にはオススメしたい。

夜空を切り分ける(星野博美「みんな彗星を見ていた」感想)

読みました。星野博美「みんな彗星を見ていた」。米原万里さんの「打ちのめされるようなすごい本」にで書評が乗ってたんですけど、私この「打ちのめされるようなすごい本」がすごく好きで。この本の中で登場する本を少しずつ読んでいこうと思っている。

第1弾は星野博美さんの「転がる上海に苔は生えない」のつもりだったんだけど(上海デモが今ニュースで取り上げられていることもありこちらの本を選んだ)、残念ながら地元の図書館では所蔵していないとの事。妥協案として同じ著者の「みんな彗星を見ていた」を借りてきました。

リュートから始まる、キリスト教を中心としたお話。キリスト教でなんでリュートの話?って思ってたんですけど、めちゃめちゃ面白かった。リュートを作る時、著者は「できるだけアラブの特徴が残るように」って注文するんです。「アラブ風に」ではなく。なんかこの人のこととても好きだなあと思ってしまった。

キリシタンの世紀」から見る日本でのキリスト教の歴史について。私は遠藤周作「沈黙」の印象が強かったんですけど、あれは本当に一部のみが取り上げられているんだなあと。(だからこそ1人の宣教師に感情移入出来て、身に迫る読書体験ができるんだと思うんですけど。)
加害者としての日本について。長崎での宣教師の虐殺。歴史では、得てして加害者としての歴史は語り継がれないもの。日本ではあまり認識されていないが、スペインなどでは日本での宣教師の処刑は有名。

キリシタンの歴史については、著者はとってもキリシタン寄りの捉え方をされており、なかなかそこまで気持ちがついて行かなかった。徳川家康キリシタン虐殺を決めたのが関東の浜辺だったらしく、「その場所を通るたび背筋が寒くなりそうだ」と感じるシーン、とてもキリシタンに思い入れを強くされているんだというのがわかる。私なんかは「そんなことでゾワゾワしてたら日本全国各地でゾワゾワしないといけないのでは…」などと思ってしまう。

当時の鈴田牢に入っていた宣教師の手紙などを一つ一つ読みといていくところ、大学の研究者の人みたいだな〜と思った。読み解くにつれて、書簡などに一人一人の性格や個性が滲み出てることに気がつくところ、そして推しキリシタンが出来てしまうところ、親近感を感じてしまう。宣教師のことが好きになってしまうんだよな。

彼らの殉死に対する考え方について。彼らが本当に心から喜んで死を迎えられたのだと思えば、彼らのあの悲惨な結末にも救いはあったのかなと思える。私はこの本を読むまで「殉死」に対するカトリックの特別な考え方を認識していなかったから。でも、彼らの書簡には殉死することを誇りに思うような書きぶりが残っているけど、本当にそれだけなんだろうか。だって、日本人は考えられないような残酷な殺し方や苦しませ方をしてきた。彼らの心の中には、怯える気持ちや、生き続けたいという気持ちもわずかにありながら、それでも信仰心が勝って死を受け入れたんじゃないだろうか。特にキリスト教を信仰するわけではない、現代を生きる私には、そんな風に思えてしまう。

最後、パードレ達の故郷を訪れるところがとても良かった。コンゴ人の宣教師の話。日本で処刑された宣教師を聖人として崇めるスペインの村の人々。彼らは、その宣教師が殺された時、イエズス会など他の会の宣教師や数万人の日本人キリシタンが殺されたことを知らない。(私だってそういう認識がなかったのだから、当たり前のことではある。)
お互いに伝え合いながら、理解を深めていく。かつての日本人キリシタンは、宗教心からだけではなく、パードレその人に会いたくて教会に通っていた部分もあるのだろう。人間的魅力に溢れた宣教師たち、彼らの日本での生き様を知ることが出来る良書。