レコード

ちょっと長めの独り言

罪と罰(市橋達也「逮捕されるまで」感想)

市橋達也「逮捕されるまで」読了。すごく面白かった。

読んだ人が「この主人公は自分だ」と思う人とそうでない人に分かれる、というのは太宰治人間失格」だっただろうか。
私はこの本の主人公は自分だと思いながら読んだ。主人公というか実在する人なのだけど。

自分が行った行為を受け止めることができず、現実から逃避するときばかり行動的。最後には変に楽観的な行動で捕まった。

主人公は、逃亡しながら本を読んでいた。ああ、私が警察から逃げることになってもきっと本を読むんだろうなと思って、妙に自分を重ねて読んでしまった。

山のなかで、寒さと空腹のなか幻覚を見ていた。動くネオンの看板。マッチ売りの少女は本当にあった話なのだ。少女は幻覚を見ていたのだ。

主人公は「罪と罰」も読んで買っていた。「罪を犯したのに、こんな風に救われていいのか」というのが主人公の感想だった。あなたはそんな風には救われない、と私は思った。

懸賞金をかけることの意味がよくわかっていなかったんだけど、この本を読んでわかった。逃亡者は西成にいる。そこにいる日雇労働の人たちは、懸賞金100万円のためならこぞって情報を提供するんだろう。

主人公は昔読んだ本に「お遍路を何周もすると死んだ人が生き返る」と書いてあったのを思いだし、四国へ渡ってお遍路を始めた。「そうすればリンゼイさんが生き返ると思った」と書かれていたけど、きっと本気では信じてなくて、ただなにもしないのがいたたまれなくて贖罪っぽいことをしてみたのではないかな。結局彼は一周もしないままお遍路を中断した。「ああ、贖罪っぽいことに飽きたのかな」と思って辛くなった。

主人公が時折口にするリンゼイさんへのお詫びの気持ち、あまりにも腹がたつし、そんなに軽く口にするのか、と思う。そう思う一方、彼は自分のこと第一で考えているから、その気持ちもわかるな、と主人公の行動を理解できる自分もこわい。

かわいさ余って(恩田陸「失われた地図」感想)

恩田陸「失われた地図」 を読んだ。

恩田陸の小説って大好きなんですけど、どうしたの??っていうくらいおもしろくなかった…! びっくりしてしまったよ…!

不思議な力(風を読む力)を持った人々が、「グンカ」という異界のモノと戦うファンタジー。
主人公の遼平と鮎観は、「グンカ」が異界から現れる「裂け目」を閉じるため各地を回っている。

んだけど、特にワクワクドキドキ感がないのが残念…。出てくる人たちのキャラクターも妙に薄っぺら、というか個性個性しすぎてラノベのような印象。
最後に出てくる、幼い俊平が大量の弾丸を吐き出すエピソードは良かった。今後の俊平のお話に期待。(シリーズモノですよね?)

あと、鮎観っていう名前がすごく好き。素敵。

恩田陸だから期待してしまっていた~!この残念感を解消するために面白い恩田陸の本を読みたい~!

幻想

中室牧子「学力の経済学」を読んだ。
この本が言っているのは、「教育に根拠を」ということ。

印象に残ったこと。
・小学校前の子供への投資が一番収益率高い。
・「勉強しなさい」はエネルギーの無駄、勉強したかの確認ならよい
・しつけを受けると年収が高い(ウソついてはダメ、親切、ルール守る、勉強する)
・「やり抜く力」 と「自制心」がカギ。やり抜く力はしなやかな心=自分の能力は後天的に伸ばせると思う気持ちが大切。

知とともに生きる

佐藤優「読書の技法」を読んでいる。とても面白い。
内容を一言で言うと、「読書は知ってる内容は読み飛ばし、これから知る内容はじっくり読む。」
筆者は、「知っている内容」を増やすために高校レベルの知識の習得を勧めている。

本書ではタイトルになっている「読書の技法」以外に、例示として世界史、数学等に関する筆者の考えが引用付きで示されており、それがとても面白い。
・現代文は論理である。数学に近い
・数学は体で覚える
・鳩山元首相の意思決定は関数的である

高橋一夫「もう一度高校数学」はぜひ読みたい。

生きていくためのすべ

細谷功地頭力を鍛えるー問題解決に生かすフェルミ推定」を読んだ。

・「頭のよさ」には「知識力」、「対人感性力」、「地頭力」の軸がある
・「地頭力」の特徴は「結論から」「全体から」「単純に」考えること
・「地頭力」は「論理的思考力」「直感力」「知的好奇心」に支えられている
・常にエレベーターピッチができるか考える(エレベーターで社長にあったら30秒で説明できるか)
・私は「全体から考える」が苦手、身近から考える癖がある

「知る」ということ(「王とサーカス」感想)

米澤穂信「王とサーカス」を読んだ。

太刀洗の、「知りたいから記者と言う仕事をしている」というのは、太刀洗本人の気持ちとしてはよくわかる。でも、他人がその気持ちを理由に話してくれるかは別の話だ。
私は個人的に記者という仕事に苦手意識を感じている。何でなのかは、私自身にもよくわかっていない。多分、私が持っている情報という「価値」を、記者の人に無償で提供して、それに対して対価を与えられることもなく、大衆の「知りたい」という気持ちを満足させて、記者の人が報酬を得ているから、なのかなあと思ったりしました。なぜ記者の人だけ報酬がもらえるんだ…私にはないんか…みたいな。
大変な仕事だよね、とこの本読んで改めて思った。

太刀洗は最後、CNNやNHKが伝えるニュースを、さらに何故自分が伝えるのか、その意味は
「幾百人がそれぞれの視点で書き伝えることで、この世界がどういう場所なのかわかっていく」からだとしている。
私が生きていく世界がどういう場所なのか、明らかにしたいからだと。

米澤穂信の、わずかな苦味が残る読後感が大好きだ。
また米澤穂信の作品読みたい。

空と海の青(ダンケルク感想)

今話題の映画「ダンケルク」見てきました。クリストファー・ノーラン監督だけれども残念ながら私はあんまり詳しくない。遠い昔にバットマンを見たくらい。

見終わったあと驚いたのは、自分の中に感動が残らないこと。すごく不思議な気分だった。

記憶に残ったのは、ヨーロッパの街並みと、美しい、青い海と白い浜辺。それに不釣り合いな、浜辺にい並ぶおびただしい数の兵士。迫り来るような、はりつめた音楽。弾丸の音。パイロットが操縦席から見下ろす海の青。
冷たい海水。黒い海。口の中に残る塩辛さ。息苦しさ。

あとは圧倒的な孤独。所属する隊の兵士はみんな死んだ。「友だち」はフランス人だった。生き抜かなければいけない孤独、みたいなものをずっと感じていた。

ストーリーは、後半の救出劇やら新聞の件やらで感動的なはずなんだけど、心に残るのは、苦しさとつらさ、映像と音楽の美しさだった。

この見るのであれば映画館がいい、と思った。